新入社員研修とマナーの例

社会人としてのマナーを続けることはもちろんだと多くの人が思っています。
いくつかのマナーの例を紹介ください。
まずは、名刺の譲り渡し方だ。
名刺を明け渡すのは日本独特の慣習ですし、社会人になって初めて創る人ばかりでしょう。
実際の具体的な例はインターネットで検索するとたくさんヒットします。
その例を読めば、あんまり難しいことではありません。
新入社員研修ではマナーを中心としたプログラムが多くなっていますが、その中でどの程度のマナーを説明するかは企業によって異なります。
ただ、初めて聞いておけば、それで十分だと考えられます。
たとえ忘れてしまったとしても、現場に配置されるところ上司から説明受けるからです。
新入社員研修は社員全員を対象としてあり、一般的なマナーに限定して事例を紹介することになりますから、各部署で重要視するマナーは個別に指導することになるのです。
例えば、ネクタイの締め方などを説明したとしても、ネクタイをしない職場ではちっとも意味がありません。
自分たちの仕事に直結した内容について研修を受けたほうが、新入社員もモチベーションを上げることができることでしょう。
新入社員研修プログラムで、どんな内容について説明をするかは簡単そうですが、本当に耐え難い面があります。
それは時代とともにビジネスマンに求められることが変わってきているからだ。
マナーについても同じことです。
これまではいいと考えられてきたことが、実はよくないこととされるケースもあります。
わかりやすい例はパワーハラスメントでしょう。
部下に対する指導の方法は10年前と現代ではものすごく異なることは誰もが実感しているはずです。
どんな行動をとるべきなのかを分かることは時代を解ることにつながります。
そして、新入社員に何を伝えるかは研修を担当する部署で決めなければなりません。
マナーだけではなくセキュリティやコンプライアンスに関する知識も身に付けてもらわなければなりません。
そのためにどんなプログラムが適切なのかを考えていかなければなりません。
新入社員は学生気分が抜け切れていないとおっしゃることが多いのですが、1度の研修だけでアッという間に改善できるわけではありません。http://www.kunsthistorischburogouda.nl/